水を未来に届ける。

公式動画が非公開になっています。

5月5日はこどもの日ということで、サントリーの企業CM「#素晴らしい過去になろう」篇 が配信されました。
今日降った雨が天然水となるのが、20年後ということで、小さな子供が大人になるくらいの年月がかかるそうです。
サントリーは未来に水を届けるための取り組みをしている・・・っというそんな映像となっています。

概要

こどもの日 は、未来の日。
はじめて子どもの日を迎える赤ちゃんと、
そのすべての親に向けて特別なCMをつくりました。
未来のために、ぼくたちにできることは、必ず必ずあるはずだ。

#素晴らしい過去になろう #サントリー

#素晴らしい過去になろう(2022年こどもの日)」篇 60秒 サントリー企業広告

#素晴らしい過去になろう」 それは、「未来を想い、今動き出そう」という掛け声。
子どもたちのために、今を生きる大人たちが 「今できること」を見つけて行動するきっかけとなりますように。

#素晴らしい過去になろう」篇 60秒 サントリー企業広告

っというわけで、雨が天然水になるまでに20年以上の年月がかかるとのことですが、どんなふうに天然水になるのかご存知でしょうか。
その説明がサントリーの「天然水ができるまで」というページにあるのですが、ザックリいうと海の水が蒸発し雨となって、森に降り注ぎ、それらが地層を通って天然水になるとのことです。
未来に天然水を届けるには、海や森などの自然が守ることが大事だと思うのですが、ワタシたちにも何ができるか考えないといけないですね。

そんなわけで、詳しくは本ページ下リンク先の特設サイトまで!

Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。