ペットボトル飲んだ後、分別しないキミは。

サントリーから稲垣潤一さんと、SOUL/R&Bをルーツにもつ16歳のシンガーHeliさんが唄う「ペットボトルちゃんと分別できない人のうた」が配信され、なんとも哀愁漂うオリジナルのシティポップになっています。

イラストがなんとも懐かしい感じがするというか、歌詞をよく聞いてみると、ペットボトルを分別しないだけじゃなくて所々面白いというか、謎の「ダメな感じあるある」が続くというか・・・せめてペットボトルくらい分別した方がいいなと思わせるような映像というか・・・ちなみに「分別は地域のルールに従って適切に。」とのことです。

っというわけで、この時期に「クリスマスキャロルの頃には」以外で稲垣潤一さんのお名前を拝見するのが少し新鮮なわけですが、稲垣潤一さんとHeliさんのなんとも面白いコラボソングでした。

この記事をSHAREする?

SNSでシェアしてくれたらメッチャ嬉しいです!

  • 9
  • 0

Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。