もしもし?からはじまる元気な物語。

docomoは1992年7月1日に営業開始してから30周年ということで、30周年記念ムービー「もしも史」が配信され、青山テルマさんが歌う楽曲に合わせて当時を明るく彩ったファッションやダンスとともに振り返るWEBムービーとなっています。

楽曲は「ぼくのりりっくのぼうよみ」としても活動していたたなかさんが作曲、かつてドコモのCMソングを担当した青山テルマさんが歌唱しました。人とのつながりを当時の流行語とともに振り返る歌詞や、青山テルマさんの明るい歌声にもご注目ください。

今は使うことが少なくなった公衆電話から、肩掛けのショルダーフォンやポケベル、パカパカのケータイなどの懐かしい端末、そして現代のスマートフォンへの移り変わりが描かれているのですが、言葉やデバイスが変わっても、人と人とのコミュニケーションは変わらないのかもしれません。

概要

ドコモ30周記念ムービー「もしも史」公開!
「もしもし?」を合言葉に、携帯電話がつないできたコミュニケーションの歴史を振り返る「 #もしも史」。
ショルダーフォン、ポケベル、ガラケーなどの歴代携帯が登場しながら、人と人のつながりが生む「元気」を、ダンス&ミュージックでお届けします。

作曲は #たなか さん、歌は #青山テルマ さん。

docomo30周年記念ムービー 「もしも史」

っと言うことで、青山テルマさんのインタビューもあるのですが、青山さんが着ている衣装は30年前当時のドコモのスタッフさんがきていた衣装だそうで、貴重な一着なんだとか。

インタビュー

ドコモ30周記念ムービー「もしも史」青山テルマさんインタビュー

映像だけではなく、バーチャル空間上で「ドコモが描く未来都市」体験できるとのことで、NTTグループのXR空間プラットフォーム「DOOR」をインストールして楽しむことができます。

詳しくは本ページ下リンク先のドコモ30th anniversaryサイトまで!

MAKING

Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。