ぼくたちは、素晴らしい過去になれるだろうか。

サントリーの企業広告「#素晴らしい過去になろう(過去と未来の乾杯!)」篇が配信され、小栗旬さんがご出演されています。
ちょっとメロウなダニーボーイと夏の里山の風景がなんともいいですよね。

「じいさんお久しぶりです。お久しぶりです。僕も39になりました。」とはじまるのですが、脈々と子供という「未来」ができて時代が繋がっている一方で、子供から見たら親や祖父母は「過去」と考えることができます。
そういった意味で未来のために「素晴らしい過去になろう」ということなのですが、サントリーは100年先を思い、森を作り水を育む取り組みをしているとのことです。
そして、その水でビールを作るっというなんともサステナブルというか、いつも飲んでいるサントリーのビールは素晴らしい過去からの贈り物なのかもしれませんね。

っというわけで、詳しくは本ページ下リンク先の公式サイトまで!

Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。