横浜市営交通100年物語

ハンドメイド・アニメーション・グランプリ2019で横浜賞交通部門を受賞した谷耀介さんの作品なのですが、横浜市営バスに乗ったはずが、昔走っていた路面電車の中にタイムスリップ・・・っというなかなか夢のあるストーリーなのですが、よくよく考えたら100年前にすでに横浜市営交通があるっていう、なかなか歴史を感じて面白いというか。普通に2時間くらいの映画として観てみたいなっと思ったり。

っというわけで、この映像を制作された谷さんのウェブサイトを覗くと他にもCM作品などが掲載されていて、世界観がどれも面白くて思わず見入ってしまうというか。

ところで、関係ないですが、横浜市営地下鉄ってなんであんなに高いんですかね・・・。

Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。

top