『青葉家のテーブル』と『ひとりごとエプロン』が同じ街だったなら…

月間200万人が訪れるECサイト「北欧、暮らしの道具店」さんのコンテンツ「青葉家のテーブル」と「ひとりごとエプロン」がもし同じ街だったなら・・・という、2作品とも、もともと実写のコンテンツなのですが、アニメーションとなって配信されています。ちなみに「青葉家のテーブル」は映画になるようで6月18日公開だそうです。

っというわけで、実はまだ「青葉家のテーブル」しか見ていないのですが、なんとも時間を忘れてしまうような世界に浸ることができるというか。
登場人物は、シングルマザーの⻘葉春⼦(⻄⽥尚美さん)、その息⼦のリク(寄川歌太さん)、友達めいこ(久保陽⾹さん)とめいこの彼⽒ソラオ(忍成修吾さん)で、4人が一つ屋根の下に暮らしているお話です。
YouTubeでは全4話公開されていて、各登場人物をメインにした話なのですが、ほのぼの癒されるだけではなく、登場する人々が少し成長したりする姿を見て自分も頑張ろうなんて思ってしまったり、所々共感してしまったり。

ちなみに、スクリーンでも見られるとのことで、現時点で全国18館の映画館で上映されるそうです。主にTOHOシネマズなんですかね。ちなみに、数量限定のパンフレット付き前売り券が1,500円で売っているわけですが、なかなかお得な値段だなと思ったわけで。

詳しくは本ページ下リンク先の公式サイトまで!

Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。

top