コカコーラは共に50年。

チェコとスロバキアのコカコーラが配信され、共に50周年とのことです。
ちなみに、元々はチェコスロバキア共和国だったり、チェコ=スロバキア共和国だったり、チェコスロバキア社会主義共和国だったりと一つの国だったようですが、93年の1月にいわゆる「ビロード離婚」と呼ばれるチェコ共和国とスロバキア共和国に分離したとのことです。とはいえ、現在も良好な両国関係を気づいているとのことで、コカコーラのCMも仲良く同じものが使われているということなんですかね。

っというわけで、チェコとスロバキアでは50年もの間愛されているコーラですが、日本ではいつ発売されたかというと、1914年に輸入され始めたそうで、1920年には京橋に本店がある明治屋さんと、満平薬局が販売したそうな。って考えると意外に日本に入ってきたのは早いんですね。ちなみに上の世代でよく聞いたのが「松脂(マツヤニ)臭い」という言葉。我々の世代では、松脂自体がどのような匂いがするのか不明なのですが、その言葉にも時代を感じるというか。これからも愛され続けるんでしょうね。コーラ。

Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。

top