まさかの薄さと軽さ、M2の驚異的なパワー。

WWDC22で発表された新しいMacBook Airの新CM「M2の驚異的なパワー、内蔵」が配信され、M2チップを搭載したという新型MacBook Airは、パワフルなのはもちろん、ディスプレイもオーディオもパワーアップしているのだとか。作業をするのに13.6インチというのが絶妙に良いのかもしれませんね。
Thunderboltが2つに、MagSafe電源コネクタがついているとのことで、そこもいいですね。

概要

Appleで最も人気の高いノートブック、MacBook Airがデザインも性能も一新。
M2チップを搭載し、信じられないほど薄くて軽いボディで、超高速かつ超パワフルなパフォーマンスを発揮します。
13.6インチのLiquid Retinaディスプレイ、18時間使えるバッテリー、1080p FaceTime HDカメラ、空間オーディオ対応の4スピーカーサウンドシステムなども搭載。

これまでで最も万能なMacBook Airです。

新しいMacBook Air | M2の驚異的なパワー、内蔵 | Apple

っという訳で、M1チップ搭載のMacBookAirよりも少し高いんですかね・・・いや、かなりの円安なんですね。
変に3DのCGとか重いものを作らないなら、ちょうどいいのかもしれませんね。

ちなみに、iPhoneなどで公式サイトをひらけば、ARであなたの作業空間に置いたときどんな感じか見られるそうで・・・色選びに便利というか。

詳しくは本ページ下リンク先の公式サイトまで!

Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。