人の数だけ飲み方がありそうなビール。

サントリー ビアボールの開発コンセプトムービーが配信されたのですが、自分で炭酸で割って飲むビールとのことで、氷の入ったグラスにソーダを入れてビアボールでわれば、濃いめや薄めなど好みの濃さのビールが作れる、っというそんな映像となっています。

概要

炭酸でつくる自由なビール サントリー謹製 ビアボール誕生

「もっと自由に、もっと楽しく。」

社会環境やライフスタイルの変化に伴い
「あなたらしさ」を認め合う、多様性が尊重される社会。

そんな時代だからこそ
もっと気軽に自分らしく・自由にたのしめる。
ビールもあっていいんじゃないか。

その想いをカタチに。
2022年「ビアボール」は生まれました。

炭酸でつくる自由なビール

新しい“おいしさ”・“楽しみかた”・“自由さ”
「ビアボール」を通して新たなビールの選択肢をお届けします。

『サントリー謹製 ビアボール』 開発コンセプトムービー 3分21秒 サントリー

アルコール度数16%ということで結構高めなので、ソーダで割ることが前提なのかもしれませんが、ロックでも飲んでみたいなとか思ったり。
そこは好みの数だけ飲み方がありそうな、なんとも楽しいお酒かもしれませんね。
ビールが得意じゃない方でも、炭酸のジュースで割ってビアカクテルなんて飲み方も良いかもしれませんね。

っというわけで早く飲んでみたいのですが、発売は11月15日とのことで・・・渋谷や下北沢、大阪の心斎橋で先行体験できるお店があるそうです。

詳しくは本ページ下リンク先のブランドサイトまで!

Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。

top