大泉洋と成田凌のやりとりがコミカルなTOPPAN。

TOPPAN新CM「TOPPA!!! TOPPAN フードロス篇」が配信され、会社員やくで成田凌さん、コンビニの店員さん役で大泉洋さんがご出演されています。
ミネストローネスープなどの食品のパッケージにもTOPPANの技術が使われていて、しっかり保存ができるので消費期限が延びることでフードロスを減らすことができるとのこと。
そんなわけで、成田凌さんのことを育ち盛り扱いする大泉さんがなんともコミカルな映像となっています。

っというわけで、実はこのシリーズは第3弾でして、第1弾と第2弾は下の動画です。

TOPPA!!! TOPPAN 立ち上がり篇

「TOPPA!!! TOPPAN 立ち上がり篇」

TOPPA!!! TOPPANシリーズ

「TOPPA!!! TOPPAN DX篇」
「TOPPA!!! TOPPAN デジタル決済篇」
医療・ヘルスケア篇
TOPPAN TVCM「TOPPA!!! TOPPAN 世界の課題篇」 60秒

そんなわけで、TOPPANって凸版印刷という会社名なのですが、印刷をやっているだけの会社ではなくコミュニケーションデザインから材料工学まで幅広い事業を展開しているとても大きな会社です。
1990年台後半にWORLDS CHAT/Jという3Dチャットのはしりみたいなサービスがあって、そのサービスを提供していた会社の1つが凸版印刷だったようで、その時から既に印刷の会社ではなかったのかもしれませんね。

ちなみに、ブランドサイトがなんとも面白い作りで、ハンバーガーメニューのアイコンも「凸」の形になっていたり・・・。っというわけで、詳しい情報は本ページ下リンク先の公式サイトまで!

MAKING

Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。