世界の言葉で。

エスビー食品の番組「世界の言葉で スパイスと料理をめぐる旅」が配信され、虎ノ門のフレンチと新宿の隠れ家ドイツ料理店に松本穂香さんが、横浜のアメリカンなスポーツバーに小関裕太さんが訪れ、シェフがその国の言葉を話し、食やスパイス、文化に触れるという番組となっています。
ハーブのきいた鶏の香草焼き、特製の塩を使ったオニオンチーズバーガー、塩とコショウ、パセリでシンプルに味付けされたジャーマンポテトという、それぞれの国のお酒にも合いそうな、なんとも美味しそうなラインナップです。

っというわけで、なかなか国外にはいけない昨今ですが、意外と近くに他国の文化を感じる方法があるのかもしれません。例えば、普段使わないようなハーブを使ったレシピを見て、お家で作ってみるのもその一つだったりするわけで。今夜あたりトライしてみるのもいいかもしれませんね。

広告...じゃなくて姉妹サイト

広告...じゃなくて姉妹サイト

Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。

top