あなただけの未来を、 SUBARUは全力で守り抜く。

SUBARUの新CM「いのちをかけて」篇 が配信されました。
プールを掃除する女の子の姿や表情がなんとも夏っぽくて良いのですが、その女の子がグチャグチャの車の中からお母さんと思われる人と一緒に笑顔で出てきます。
乗る人の空間を守り抜き、2030年に死亡事故ゼロを目標にするスバルの安全性が、大切なひとのいのちや笑顔、未来を守るのかもしれませんね。

概要

「一つのいのち 一台のSUBARU」
クルマが共にする一つのいのちを思う。
そこにある、夢や希望や挑む心を思う。
あなたというかけがえのない一つのいのちに寄り添い、
一台一台の安全を徹底的に磨き上げていく。
それがSUBARU の使命。
あなただけの未来を、
SUBARU は全力で守り抜く。

2030年、死亡交通事故ゼロへ

ブランド:TVCM「いのちをかけて」篇 60秒

っというわけで、車体がグチャグチャに見えても、それは衝撃を分散するためだそうで、そうすることで乗っている人の空間が変形するのを防いでくれるのだとか。
もちろん乗っている人だけではなく、運転支援システム「アイサイト」が、歩行者の安全を守ることも手助けしてくれるのだとか。

詳しくは本ページ下リンク先の公式サイトまで!

Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。